初心者向け不動産投資情報
初心者向け不動産投資情報

投資の諸費用

マンション投資を行う時は、最終的に手元に残るお金を計算しておく必要があります。

マンションを購入する場合、様々な諸経費が掛かるのでそれらの金額を考えながら物件を選ぶようになります。

費用には以下のようなものがあります。

その1:「ローン手数料・印紙税」マンションの売買契約、ローン契約時にかかります。

印紙税は物件購入時の売買契約書、ローン借入時の金銭消費貸借契約書に貼付する形で納付します。

ローン金利の中に保証料や団体信用生命保険料が組まれていますので別途負担の必要のない場合があります。

その2:「登記費用」所有権の移転、保存登記、抵当権設定登記を行うときにかかる費用です。

購入したマンションを登記するときにやローン借り入れに必要な抵当権設定登記に登録免許税がかかります。

各種の登記については分譲会社や金融機関が指定する司法書士に依頼することにもなります。

その3:「修繕積立基金」建物の修繕を行う時に必要になる資金の積み立てです。

火災保険への加入が義務になっているので、保険料が発生します。

物件の保険金額、物件がある地域や建物の構造、契約期間などによって保険料が異なります。

長期契約も可能で、契約期間が長いほど1年当たりの保険料は安くなります。

無理のない範囲で長期契約にするのが得策です。

その4:「管理基金」

賃貸管理を賃貸管理専門会社に委託するときには、毎月の手数料とは別に、管理委託手数料が必要になります。

家主業務代行システムの場合で、家賃の1カ月分程度の手数料になることが多いようです。

中古マンションを購入するときには、仲介手数料の負担が出てきます。

宅地建物取引業法では売買価格の3%+6万円が上限とされています。

これに、消費税が加算されます。

その5:「各種税金」

不動産取得税は購入時の一度だけになりますが固定資産税・都市計画税は毎年かかってきます。




同ジャンル・関連ページ