初心者向け不動産投資情報
初心者向け不動産投資情報

戸建投資の基本

戸建住宅への賃貸重要は見込めますが、実際には 賃貸用戸建ての供給はマンション投資用に比べると少ないのが現状です。

土地所有者が賃貸用の建物を建てる場合、 複数の賃借人を対象とするアパートや賃貸マンションのほうが 空室リスクが軽減され、賃料収入の合計も戸建て賃貸による収入を通常は上回ります。

賃貸市場においては、戸建て住宅はマンションやアパートよりも上下両隣の住戸を気にする必要がなく、小さな子供のいる世帯には 人気があります。

また、ペットの飼育や駐車スペース、ガーデニングなども借り手側には大変魅力的です。

しかし、新築戸建の投資の場合は、土地を所有していることが前提になります。

土地を購入してから戸建て住宅を建築し、賃貸しても採算がとれるラインは相当低くなります。

不動産投資を戸建でする場合、中古の戸建て住宅を安く購入しリフォームを施して賃貸する方法が、最もリスクが少なくて済みます。

地価の低い郊外の物件であれば安く買えますが、その分当然家賃も安くなる傾向にあります。

手持ち資金で購入出来ればいいのですが、不足する場合ローンを使用するようになりますが、郊外の古い戸建物件に銀行が融資してくれるかが運用のカギになります。

自己居住用なら住宅ローンで借りられますが、投資用の融資については銀行側は消極的です。

一戸建て住宅を投資用に購入する場合は、現金購入が基本になります。

戸建て物件の賃貸は家族世帯を主な対象とするため、アパートに比べて居住が長期化しやすいと言う利点があります。

国土交通省の発表では、国民の70%が戸建住宅を望ましい住居形態と考えていると言われています。

戸建ては投資物件としての賃料収入は低くなりますが、借り手側にとっては大変魅力がある物件であることには間違いがないようです。




同ジャンル・関連ページ