初心者向け不動産投資情報
初心者向け不動産投資情報

購入資金

戸建投資の場合他の金融商品と異なり、流動性(換金性)が低いため、必然的に中長期での家賃収入に着目した投資となります。

そして、投資したお金(元本)は長期にわたって取り崩せない、いわば眠ったお金になるということを念頭に置く必要があります。

つまり、預貯金をはじめとする金融資産の中から万が一に必要となるであろう資金を確保した上で不動産投資に充てる事が大切です。

自己資金がどの程度用意できるかで、不動産投資で求める利回りのターゲットが異なってきます。

全額自己資金によって不動産投資をする場合と異なり、購入資金の一部または全部を借入金で賄おうと考えている場合は、借入れ金利や返済方法と不動産投資による利回りとのバランスを考えなければ、場合によっては毎月のキャッシュフローがマイナスになることもありますので注意が必要です。

解りやすく説明しますと、例えば3%の金利で1000万円の不動産を全額借入金で投資する場合は、不動産から得られる家賃収入から経費を差し引いた実質の利回りが6.65%以上でなければ、収入どころか毎月資金の持ち出しが必要となってしまいます。

仮に実質の利回りが6.65%以上得られたとしても、空室が出た場合や、修繕などの臨時の支出が発生した場合は、すぐにキャッシュフローがマイナスになってしまいます。

そして、不動産所得にかかる税金等を考えると、より高い利回りを求める必要があります。

購入資金全額を借入金により不動産投資を行う場合、高い利回りの不動産に投資しなければ、収入から支出を差し引いたプラスのキャッシュフローを得ることが出来なくなります。

つまり、不動産投資により月々の収入金額を多く得ようとする場合は、自己資金の比率を上げて行く必要があります。




同ジャンル・関連ページ