初心者向け不動産投資情報
初心者向け不動産投資情報
初心者向け不動産投資情報 > アパマン戸建投資 > 購入時に必要な税金と諸費用

購入時に必要な税金と諸費用

不動産投資を始めるにあたり不動産を購入する必要があります。

そのさい様々な諸費用が必要となります。

1、仲介手数料。

不動産を購入する時、不動産業者などに不動産購入を依頼する場合は、仲介手数料が必要になります。

2、印紙税。

売買契約書、請負契約書、金銭消費貸借契約書などを取り交わす時に必要になる税金になります。

3、保証料。

住宅ローンを組む際に連帯保証人となる保証会社に支払う料金になります。

一般に個人の連帯保証人は付けない方が良いです。

4、保険料。

ローンの支払中に病気や事故によって死亡した場合や重度障害になりローンが支払えない状態になった時に備えて入る団体信用保険の料金は、通常ローン金利に組み込まれています。

万が一に支払い出来ない場合、金融機関が融資金額を回収する為の保険です。

5、登録免許税。

不動産取得後、法務局で登記申請時に必要な税金になります。

6、司法書士報酬。

不動産登記などを司法書士に委託した時の報酬になります。

7、不動産所得税。

不動産取得時に一度だけ課せられる税金ですが、相続により不動産を取得する場合には掛かってきません。

8、固定資産税。

毎年1月1日現在で不動産を保有している者に課せられる税金になります。

期間の途中で購入した場合は、月割りの計算で取られます。

9、都市計画税

毎年1月1日現在、市街化区域に土地や家屋を保有している者に課せられる市町村税になります。

また、売買契約を締結時には手付金が、取得費用の10~20%必要となるので、その費用の準備も必要になります。

10、その他費用。

この他にリフォームが必要になる場合は、リフォーム代がかかります。

あまり手をかけ過ぎても行けませんし、かけなさ過ぎでも外見や内装が悪い印象を与えてしまいますので、バランスが大切になります。




同ジャンル・関連ページ