初心者向け不動産投資情報
初心者向け不動産投資情報

アパート投資とは

本来アパート経営は未利用地・遊休地・非効率な土地活用に対して共同住宅を建てることを基本としています。

つまり、立地条件によってはアパートでなくて店舗や駐車場でも良いのです。

一般的にはアパートの方が管理・運用するのが簡単だと考えられています。

節税効果として、貸家建付地・借地割合・借家権割合などで評価額が低く抑えることができ、借入金を上手く利用するなどして相続対策になるメリットがあります。

現金収入が毎月入ってきます。

これには条件がありますが、入居者の確保が出来さえすれば、安定した収入が見込めます。

アパート投資の勘違いで、アパートの一棟丸買いは高くて手が出ないと思いこみ手頃な金額で購入できるマンションを購入する人が居ると思います。

しかし、不動産投資で定年後の安定収入とか資産形成を考える場合、マンションの場合は高くても5~6%の利回りしか期待できないので、毎月の収支では赤字になる場合があります。

その点、地方都市のアパートでは、新築でも利回り10%以上のものがありますから、アパート投資を選んでみても良いかもしれません。

現状としてのデメリットは、アパート自体の供給過多と入居者の嗜好の多様性が挙げられ、アパート経営にも経営者の手腕が必要になってきます。

今後年金などが当てに出来ないのであれば、定年退職後の資産形成や生活費の捻出にも、不動産投資を考えてみても良いのかもしれません。

特にアパート投資を行う場合のポイントしては、下記の事を注意する必要があります。

その1:表面利回り10%以上あること。

その2:月々の収支がプラスになること。

その3:信頼できる管理業者に委託できること。

その4:安定した高い入居率が見込めること。

これらはアパート投資の必須条件だと思いますが、なかでも信頼できる管理業者を見つけられるかという点が一番重要になってきます。




同ジャンル・関連ページ