初心者向け不動産投資情報
*

新築か中古か迷う

不動産投資でマンションを投資先に検討している人が迷う理由に、新築と中古の違いが挙げられます。

新築物件の場合、小額の自己資金で始めることができる。

評価の高い物件は95%融資も可能となります。

長期家賃保証(20年以上)でリスクヘッジができるのは新築で、しかも限られた優良案件のみとなります。

しかし、毎月の家賃など安定収入が確保でき、融資返済も計画的にできます。

設備が充実している新築物件は間取りも入居者のニーズに合ったものであることが多く、ある程度の期間は高い競争力が期待できるため、空室リスクが低いと言えます。

ただし、物件価格が比較的高いため、利回りは小さくなってしまいます。

中古物件の場合、物件の購入価格が安く、また賃貸の募集が速やかにできるので、早期の家賃収入が見込めます。

また、オーナーチェンジの物件であれば、入居者募集の手間や、空室リスクが省けます。

しかし、築年数が経過した物件は、ローンが組めない恐れもあります。

銀行から融資を受ける場合、建物構造の耐用年数と築年数の関係に注意が必要になります。

また一部の物件を除き、投資物件の場合、住宅ローンとは違うため、2~3割の頭金が必要となります。

区分マンションは比較的小額で投資を始められ、借入金も少なく済むメリットがあります。

マンションを一棟丸ごと購入する場合は、よほどのことがない限り全室が空室になることはないため、空室リスクを分散できるというメリットがあり、リフォームや入居条件の緩和も比較的自由に行なうことができますが、購入する金額が大きくなるほか、災害のリスクを分散できないなど、どうしても一つの物件に対するリスクは増えてしまいます。

新築か中古にするかは、リスクを低く抑えるか、大きなリターンを狙っていくかで変わってきますので、投資スタンスに合った物件を選ぶようになります。