初心者向け不動産投資情報
*

不動産投資とは

2144360848a3b8e010b24784388e641a_s
不動産投資とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投下することを指します。

具体的には投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るインカムゲインと、 その不動産を購入した金額以上で転売をするキャピタルゲインが発生します。

不動産投資は「ミドルリスク、ミドルリターン」の投資商品と言われています。

つまり、不動産は賃料の下落や空室などにより予定していた収入が見込めない場合や不動産の価格が下落してしまったり、場合によっては地震や天災などによって建物が倒壊してしまうリスクを伴いますが、基本的には土地がある限り価値がゼロになるという可能性は極めて低くありがちハイリスクではありません。

バブル時は、キャピタルゲインを狙った不動産投資が主流でしたが、バブル崩壊後アメリカの不動産投資指標として収益還元てきな考えで不動産投資が現在の主流となり、近年は低金利、インフレの為不動産投資時期としては、良い環境と思います。

大まかに分けると投資物件は居住用物件と商業用物件に大別され、居住用物件は家賃の下落が少なく比較的安定した投資と言えます。

そかし、商業用物件は場所が良ければ利回りが跳ね上がる一方で不景気のときの賃料下落が激しく、ハイリスクハイリターンとなる場合があります。

この他の投資自体には預貯金・株式などが一般的です。

預貯金のリスクは金融機関などの破綻によって投下資金が還ってこなくなることですが、その可能性は非常に低く、その代わり金利は非常に低く設定されています。

したがって預貯金は安全性が高いがその分、見返りが低い「ローリスク・ローリターン」の商品になります。

株式投資は、投資した会社の業績によっては株価が下落したり、経営破たんによって株式の価値がゼロになる危険性、リスクを伴っています。

しかし、会社の業績が向上し、企業価値が上昇したときは株式の価値が何倍にもなる可能性があります。

このようなことから株式投資は預貯金よりも安全性の低い「ハイリスク・ハイリターン」の商品になります。