初心者向け不動産投資情報
*

不動産投資の強み

不動産投資の強みは、利回りが高くてインフレにも強いことで、弱みは投資金額が大きくて流動性が低いことだといわれています。

投資のは、株式からFXや投資信託など様々な商品が多く出ています。

不動産投資もその中の一つの投資方法です。

不動産投資は「ミドルリスク、ミドルリターン」の投資商品と言われています。

これは、極端に高いリスクを伴う事も無い分、収入的にもそこそこ見込める投資と言う意味です。

不動産投資は賃料の下落や空室などにより予定していた収入が見込めない場合や不動産の価格が下落してしまったり、場合によっては地震などの災害により建物が倒壊してしまうリスク、などの危険性を伴っていますが、土地がある限り価値がゼロになるということがありません。

株式投資などは、暴落してしまえば一瞬で価値が無くなってただの紙切れになってしまいます。

不動産投資のスタイルには、キャピタルゲインを狙った不動産投資と、インカムゲインを主にした、家賃収入が挙げられます。

不動産投資物件は、大まかに分けるとは居住用物件と商業用物件に大別され、居住用物件は家賃の下落が少なく比較的安定した投資になります。

場合によっては家賃を上げることもできます。

そして、商業用物件は場所が良ければ利回りが跳ね上がる一方で不景気のときの賃料下落が激しく、ハイリスクハイリターンになります。

インカムゲインとは、投資対象が生み出す収益のことで、投資対象を手放すことなく継続的、定期的に見込める利益のことを指します。

不動産投資においてインカムゲインとはおもに「賃料収入」のことを指します。

そして、キャピタルゲインとは、投資対象を購入価格以上で売却することにより得られる売却差益のことで、反対に売却差損が出る場合をキャピタルロスといいます。