初心者向け不動産投資情報
*

不動産投資方法

不動産投資方法の最大の魅了は、安定的な収入を、毎月得ることが可能であるという点です。

不動産投資の場合は入居者が確保できれば、その入居者が退去するまでの間は安定した収入が毎月見込めます。

そして、投資する物件によっては売却による利益を得られる可能性もあります。

また、その不動産から得られる収益をベースに不動産価格が決定しますので、あなた自身の工夫や努力次第では収益をアップさせることができます。

おのずと不動産の価値も上がり、売却益を狙える可能性も出てきます。

不動産の購入には、不動産そのものに担保力があり、不動産を担保に金融機関からお金を借りることが可能になります。

購入する物件を担保にお金を借りた場合、毎月の家賃収入を返済に回します。

年間所得が低くても、担保力、収益力のある不動産を購入する事は可能だと言うことです。

流動性が低いといわれる不動産の中でも、流動性の高低は、マーケットの参加者数に左右されます。

必然的に多くの希望者層が集まる不動産ほど流動性は高くなります。

住宅が建っている土地と何も建物が建っていない土地とを比較した場合、前者は住宅購入希望者に限定されますが、更地の場合はどの様な上物でも建設が可能になりますので、購入者を選ばない分流動性は高くなります。

マンションの1室を購入する場合ワンルームマンションは自分で住むというよりも人に貸して賃貸収入を得るという需要が強いため、購入者層は投資家に限られますが、ファミリータイプのマンションの場合は、賃貸収入を得ようとする投資家に加え、実際に居住するという実需としての購入者層がいるため、一般的にワンルームマンションに比べ、流動性が高いと言えます。

このように不動産投資方法を選ぶ場合、物件の種類、タイプにより様々ですので、物件を絞り、入居予定者を絞る方が空き部屋を作らない意味でも良いかと思います。