初心者向け不動産投資情報
*

レバレッジを使う

7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s

不動産投資をするうえで、多少の自己資金も必要になってきます。

しかし、前提にあるのは、他人のお金を利用するのは、とても有効的です。

つまり不動産投資なら、銀行などからお金を借りて不動産を購入する。

例えば、不動産投資で7,000万円の物件を入手するのに、500万円の頭金と、6,500万円の借入で済みます。

銀行側も、土地や建物を担保にお金を貸せるので、一般的な事業資金よりも安心して貸し出せます。

他人のお金を利用する事でのレバレッジ効果になります。

銀行といっても様々で、都銀、信託銀行、地銀、信用金庫、政府系金融機関、ノンバンクなどいろいろありますので、それぞれの特徴を押さえて、あなたに合った銀行を選ぶ必要があります。

都銀・信託銀行は、全国の不動産を担保に取れるというメリットがある反面、敷居が高いというデメリットがあります。

その銀行との取引実績が全く無い場合、一般的に融資を受けるためのハードルは相当高いでしょう。

地銀、信用金庫は、都銀よりも敷居が低いので、最初はお薦めですが、デメリットとしては取引する相手や担保にとる不動産にエリアの制限があることが多いという点になります。

例えば、あなたの住んでいる県を地盤にしている銀行だと、取引き先の人が住んでいる他県には融資できない、また他県の不動産を担保に融資をすることができないなどの不便さが挙げられます。

また金利は都銀に比べて若干高めになることが多いようです。

政府系は旧国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)、中小企業金融公庫など、不動産投資を事業と見なし、融資をしてくれるケースがあります。

全国の不動産を担保出来る点や固定金利で借りられるなど、取引きできるととてもメリットがあります。

ノンバンクは金利が高めだったり、取引きをするにあたって手数料をとられたりする場合もありますが、他の金融機関に比べて審査スピードが速く独自の不動産評価基準を持っているなどメリットも多数あります。

これらの特徴を参考に、複数の金融機関と交渉し、有利な条件で資金調達をし不動産購入をすると良いでしょう。