初心者向け不動産投資情報
*

不動産投資のリスク

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

不動産に対する投資も、売買相手の損失により儲けるのではなく、購入資産の利用により儲けることを投資とみなすことができる。

高いリターンを目的に、リターンに見合わない、より高いリスクを取る投資のことを、投機と呼び投資とは違います。

そして、投資にはリスクは付きもので、投資効果がマイナスとなる危険性もある事を最初に確認しておく必要があります。

しかし不動産投資物件を購入することで起こりうるリスクをしっかりと理解しておくことが、最大のリスク低減法になります。

貴重な年金や退職金を運用する為にもリスク管理が重要となります。

収入源としての家賃収入は、すべてあなたのものになるわけではありません。

必要経費として、まず固定資産税が上げられます。

管理人を雇えば管理費及び光熱費が発生します。

無人警備にする場合でも、設備費と管理会社への委託費が必要になってきます。

また、投資した不動産物件に空室が発生した場合、家賃収入減になります。

理想は、常に満室ですが常に満室を維持できるものではないため、単純に満室時に得られる家賃収入を軸にしたトートフォリオを組んではいけません。

これら様々なリスクを回避するためには、収入と経費のバランスを取り、最終的に手元に残る金額がどれほどになるかを考えることがリスク管理になります。

つまり、家賃収入を確保する事ばかりを考えていたのでは、足元をすくわれてしまいます。

最終的に手取りの残高を確保することを基準に考えて購入をする必要があります。

投資はリスクが付き物ですが、しっかりとしたポイントとビジョンを持って不動産投資物件を探すことで回避できることもあります。

不動産投資物件の購入は、その物件に十分な投資効果があるかどうかを事前に分析する必要があります。