初心者向け不動産投資情報
*

不動産物件の選び方

a076c0429bb4054d52da927cde6d8b9e_s

不動産投資をする際の物件の選び方は、リスクを回避する為にも入念な下見が必要になります。

不動産物件を事前に分析する方法としてはいくつかありますが、下記に書いてあるのは、最小限必要と思われるものです。

・頭金を最小限とし、ローンで購入しても、月々の返済が家賃収入でカバーできる。

・諸費用を支払っても、貯蓄に回せる程度の現金を確保できる。

・購入すると確実に家賃収入が見込め、かつ値上がりも期待できる不動産である。

以上の条件に当てはまる不動産投資物件を見つけ出すことが老後の生活を安心して暮らせる為の第一歩です。

不動産投資をローリスクな手法で注意深く行うことにより利益をあげ、継続的に不動産投資物件を増やしていくことが理想です。

その全ての不動産投資物件からのキャッシュフローで全ての収入をまかない、貯蓄を構築することが出来れば老後の心配はなくなることでしょう。

最終的に目指すのは、日々の生活や貯蓄を不動産投資物件の収入から賄えるようにします。

不動産投資物件を購入する目的は2つあります。

キャピタルゲインとインカムゲインになります。

キャピタルゲインは売買差益を狙った不動産投資でインカムゲインは家賃収入を狙った不動産投資を表します。

目的が違えば当然不動産物件を選ぶ基準が変わってきます。

不動産投資物件を購入する前には、目的は何なのかを考える必要があります。

不動産投資物件を購入する目的がキャピタルゲインの場合、メリットは利益を確定できることにあります。

つまり、購入した以上の額で売却をしてしまえば、不動産の諸問題やリスクとは無縁となります。

不確実な将来のリスクから解放されることは魅力です。

不動産投資物件を購入する目的がインカムゲインの場合、メリットは一定期間で投資金額を回収できれば、ほぼノーリスクで毎月インカムゲインを手に入れることができることです。

月々安定した家賃収入が入ってくるため、生活費に困ることが無くなります。

また、インカムゲインで投資資金を全て回収した後に、物件を売却することで大きな利益を確保することも可能になります。