初心者向け不動産投資情報
*
初心者向け不動産投資情報 > アパマン戸建投資 > アパート経営のポイント

アパート経営のポイント


初心者には、最適な不動産投資にアパート経営があります。

本当にアパート経営は儲かるのか?

アパート経営にも、いろいろありますが、主なものは、3つに分別できます。

その1:今ある土地に、新築アパーやマンションを建築して経営する。

その2:土地を購入して、そこに新築のアパートやマンションを建築して経営する。

その3:中古のアパートやマンションの一棟を購入して経営する。

この中で一番儲かる不動産運用は、3番目の中古のアパートやマンション一棟を購入して経営する方法です。

そして、赤字になりやすいのは、1番目になります。

更地にアパートを新しく建てるとなるとアパートの建築費がかかります。

そしてそのアパートの建築費を、入居者の家賃で長い年月かけて回収していきます。

つまり、建築費を家賃で補うことになってしまうのです。

アパートの建築費を回収した頃には建物が老朽化して建て替えの時期を迎えます。

これでは、家賃をあなたの収入に何時まで経ってもできません。

以外に儲かるようのですが、2番目の土地を購入して、そこに新築のアパートやマンションを建築するのも儲かりません。

立地条件の良い格安の土地が購入出来て、しかも低価格でアパートが建築できれば、比較的高利回りが期待できる場合がありますが、これは例外です。

アパート経営は、費用対効果が悪く新築をする場合は、入念に思案する必要がでてきます。

特に初心者不動産投資には向いていません。

3番目のやり方は、高利回りの物件を銀行ローンを利用して購入すれば次の日からキャッシュフローが生まれます。

立地条件もよく利回りも10%以上の物件を自己資金数百万円の資金で購入することができれば、確実に儲かります。

そのかわり、部屋の設備や環境をきちんと整備することが大前提になります。